前へ
次へ

なぜ今SFAが注目されるのか

SFAは営業部門で活躍するシステムですが、なぜ今あらためて注目されているのでしょうか。
その理由は、市場の変化が加速し、各企業が生産性の向上とともに業務の加速化が求められる状況となっているからです。
そして働き方改革の推進により、闇雲に人員の労力と時間とをつぎ込む昔のやり方はもはや通用しなくなりました。
いかに労働時間を節約し、クオリティを保ったまま業績を上げるかがすべての企業において大きな課題になっています。
そこで業務効率を改善するべく、CRMとともに注目され始めたのがSFAです。
SFA市場は2021年までに年間平均5.0%の成長率が予測されるほど各企業は導入に積極的ですが、実はシステムの誕生はかなり昔のことと言えます。
1990年代、比較的高価なオンプレミス版が登場し、大企業は注目しました。
現在のように誰もがスマートフォンを持つような時代環境ではなく、どんな企業も気軽に導入できるようなシステムではありませんでしたが、現在は違います。
セールスマンが外出先からモバイル端末で仕事をするクラウド環境が当たり前となった今こそ、導入ハードルは一気に下がったと言えるでしょう。
SFA台頭の背景には、日本のIT環境の急速な変化が関係しているのです。

Page Top